自動車リサイクル

2005年1月より施行された「自動車リサイクル法」に基づき、当社は電気炉メーカーや自動車解体事業者とコンソーシアムを組み、自動車メーカーより委託を受けたART/THチームを通じて経済産業省・環境省の大臣より認定を受け、同法に基づく自動車リサイクルビジネスを推進しています。

リサイクルの特徴は「全部利用」です。大手の電気炉メーカーおよび自動車解体事業者と共同で開発した「精緻な解体」技術により、電気炉に投入できない銅部品類をあらかじめ除去した使用済自動車を、電気炉にそのまま投入できるサイズにプレス(圧縮)し、電気炉メーカーへ納入します。ガラスや廃プラスチック等は製鋼原料と共に電気炉内で燃やし、廃棄物がほぼ発生しない形でリサイクルに貢献しています。

他商社でも同様の取り組みを行っていますが、当社では自動車リサイクルビジネスを推進する為、2004年に専門の部署を設けました。本ビジネスで専門部署を持つのは当社だけであり、全国各地の自動車解体事業者とコンプライアンスに基づいた管理体制を構築し、安定的に電気炉メーカーへ供給することにより高い評価を得ています。

連絡先

製鋼原料部
自動車リサイクルチーム
TEL:03-3513-1258